高円寺の整体師が伝えたい!どんな人が整体を受けるべきか!〖前編〗

2020/08/13 ブログ
高円寺 整体 必要

本日はどんな症状の人が整体治療を受けるべきかを

お伝えしていきたいと思います。

 

まず〖整体〗といっても多くの種類の施術があり、

施術家によって得意な分野があり専門としている院もあります。

 

〖なごみプラス〗ではとくに猫背になってる方の

施術後の変化をより感じていただけると思います。

 

具体的には重心が崩れたことで生じる

腰痛

肩こり

首のこり

背中のはり

 

などです。

デスクワーク、長時間の同じ姿勢、

体の前後の筋力バランスの崩れ

などから猫背になっていきます。

 

次にそれぞれの症状を放置して置いた際に起こる

リスクについてまとめてみましょう。

まず・・・

 

腰痛

腰痛を放置しておくと

ヘルニア、脊柱管狭窄症、のリスクが高まります。

また痛みが3か月以上続く慢性腰痛となってしまった状態で放置した場合、

筋肉の過度なこわばり、背骨の変形、神経からくるしびれなどが出てくることが考えられます。

腰の痛みをかばうために猫背の姿勢をとろうとします。

 

 

肩こり

肩こりを放置すると・・・

頭痛を誘発し、症状がひどくなると吐き気を感じる場合もあります。

また肩のこりが続くことで身体の前後のバランスが崩れ猫背が強調されます。

首のこり

首のこりを放置すると・・・

首の周辺は神経が密になっており血管も多い場所です。

こりを放置することで胸郭出口症候群という痺れを伴う

疾患になります。

悪化すると終日手にしびれが出たり首を

動かした際に首の神経が刺激され電気が走るような痛みに襲われることがあります。

背中のはり

背中のはりを放置すると・・・

背中の筋肉は面積が多く凝り固まった際の影響が大きい筋肉の一つです。

背中筋肉が固まったまま放置すると

肋骨が広がりにくくなり呼吸が浅くなり、

自律神経のバランスが崩れる原因にもます。

また、骨格からの観点で見てみると,

背骨が背中の筋肉の影響で本来の位置から逸脱し

それを補うために背骨の周辺の筋肉が緊張してしまいます。

背中の筋肉が持つ本来の収縮力が失われ背中側と

お腹側の筋力バランスが崩れ猫背となってしまいます。

以上の紹介した症状はどれも猫背を誘発する可能性の

高いものであり、猫背の状態が長く続くと身体には

様々な弊害が起こります。

これらの症状に心当たりがある方は

整体治療を受ける必要のあるかたです!!

 

次回は猫背の身体に及ぼす弊害をお伝えしたいと思います。